JAおおいた

営農よろず相談受付中

JAおおいたについて

役員紹介

 組合員の皆さまにおかれましては、当組合の事業運営につきまして、平素よりご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 元号が平成から令和へ変わり、新しい時代を迎え令和元年が良い年となるよう期待をいたしておりましたが、国内各地におきまして、大雨等による大規模な自然災害が発生し、甚大な被害をもたらしました。
 大分県におきましても相次ぐ台風の接近に見舞われて、組合員家屋をはじめ農業施設等が被害に遭い多くの組合員の方々が被災されました。あらためて被災された皆さま方に対しましてお見舞い申し上げます。
 また、昨年12月に発生した新型コロナウイルスによって世界中がその猛威に脅かされ、日本においては「緊急事態宣言」が発動される事態となり、今なお終息が見えない長い戦いとなっております。このことによる農業を含めた国内経済に与える影響ははかり知れない大きなマイナスになるものと考えます。さらに、その新型コロナウイルスが世界的な大流行の状態の中、欧米諸国をはじめ各国では都市封鎖や外出制限といった措置が採られ、需要が大幅に落ち込んでいることから輸出全体も大幅に縮小することが見込まれています。当組合では、今後の感染拡大や農畜産物への影響等にも注視して参ります。
 このような中、当組合におきましては県内産農産物の消費拡大に向けた農業祭や各種イベント等を集団感染のリスクを防ぐために止む無く中止若しくは延期せざるを得なくなっている状況であり、現在、JAグループにおきましては、組合員の皆さま方の生活を第一に考え組織をあげて対策の検討を進め、生産・生活の維持に向けて今後、国・県への対策要請を行うとともに、現在実践中であります自己改革におきましても基本目標である「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」に引き続き取り組み、地域農業の振興と組合員所得の更なる向上を目指して参ります。
 組合の運営につきましては、役職員による組合員等訪問活動を通じていただいたご意見を事業運営に活かすとともに、県産農畜産物の消費拡大に向けたPRを継続展開し、支店等職員による地域貢献活動「1店舗1協同活動」の取り組みを進めて参ります。
 経営という点におきましては、新たに改革推進部を設置し「JAおおいた改革プラン」の実践とともに、「JAおおいた農業振興計画」を着実に進めるため、事業部には営農と資材を取り扱う「農業振興部」、「豊かで暮らしやすい地域社会の実現」に向け、これまでの信用・共済・生活部門を統合し「暮らし応援部」へと組織体制を再編致しました。  今後更に総合事業の特性を活かせるよう店舗・施設を再構築し、組合員・利用者サービスの強化を図って参ります。
 令和元年度の決算状況につきましては、計画に対し大変厳しい実績となりました。令和2年度はコロナ禍における厳しい経営環境が予測されますが、実効性のある改革を実践し、計画達成に向け取り組みを進めて参ります。
 昨年度発覚した度重なる不祥事につきましては、組合員・利用者の皆さまに大変なご迷惑とご心配をお掛けしましたことを誠に申し訳なく心よりお詫び申し上げます。これらの不祥事を厳粛に受け止め、今後このような不祥事を起こさないよう再発防止の取り組みを行うとともに、内部管理体制の一層の強化と役職員のコンプライアンス教育を徹底するなど、信頼回復に取り組んで参る所存であります。
 結びになりますが、組合員皆さまのご健勝とご多幸、事業への変わらぬご理解とご協力をお願い申し上げ、あいさ つとさせていただきます。

(令和2年6月25日第13回総代会資料より一部抜粋)

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。