JAおおいた

営農よろず相談受付中
  • ホーム
  • 農業をする・始める
  • 営農情報

営農情報

GAPとは

GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)
直訳すると「良い農業のやり方」と訳されます。
農業で「食品安全」「環境保全」「労働安全」等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取り組みです。

GAP実践の流れ

GAPのポイント

「今やっている農作業を記録に残し、改善に役立てる」取り組みです。
その記録が安全性の証明にもなります。

01計画・02実践・03点検&評価・04見直し&改善

JAおおいたGAP研究会

事務局本部・支部位置図

北部:北部いちご北部しろねぎ北部七草・にんにく/東部:杵築柑橘・杵築いちご/中西部:日田梨・大分みつば・大分大葉/豊肥:荻トマト/南部:県南柑橘・南部いちご

事務局体系

事務局JAおおいた管轄部署品目支部
研究会事務局本店 営農部(全体事務局)
東部地域事務局東部事業部 営農企画課杵築柑橘・杵築いちご
中西部地域事務局中西部事業部 営農企画課大分みつば・大分大葉
日田梨
南部地域事務局南部事業部 営農企画課県南柑橘・南部いちご
豊肥地域事務局豊肥事業部 営農企画課荻トマト
北部地域事務局北部事業部 営農企画課北部いちご、北部白ねぎ、
北部七草・にんにく

組織運営

研究目的GAP手法を用いて、消費者の信頼に応える安全な農産物の生産を行い、銘柄産地化を進め、生産者の経営安定と地域農業の振興を図り、会員相互の団結、親睦を深めること。ただし、他の組織活動や品目毎の生産・販売活動を妨げない。
主な行事総会・研修会年に1回開催し、総会終了後には会員全員で研修会を実施。
役員・事務局
会議
年に数回開催し、JGAP団体認証に係る日程調整、マニュアルの見直し等を協議。
生産者研修会随時、地域毎に新規生産者へ現地記帳研修等を実施。
内部監査年に1回、JGAP団体認証に向け内部監査を実施。

研究会活動経過

平成
23

6月認証に向けた準備開始

24

10月「南部共販いちご部会GAP研究会」
JGAP団体認証取得

25

4月新たに2団体の認証に向けた準備開始

26

2月「JAおおいた大分事業部みつば部会」
「JAおおいた柑橘研究会GAP部会」
JGAP団体認証取得

27

4月3団体を統一団体にする準備開始

9月「JAおおいたGAP研究会」設立総会

28

2月「JAおおいた柑橘研究会GAP部会」
JGAP団体認証取得

7月GAP普及大賞2016受賞

29

11月いちご、柑橘、みつば、大葉、白ねぎ、七草で審査

30

2月78農場、13品目、JGAP団体認証取得

2月大分県農業賞最優秀賞受賞

7月未来につながる持続可能な農業推進コンクール「GAP部門 団体の部」
生産局長賞受賞

今年の取り組み

JAおおいた農産物取り扱い施設

施設名保有形態品目利用状況
杵築柑橘選果場 東部事業部 柑橘(ポンカン) 選果・選別・調整・出荷
農産物集出荷場 いちご 荷受・保管・出荷
野菜冷蔵所 中西部事業部 大葉、みつば 保管、集出荷
明治みつば選荷場 みつば 選荷全般
戸次野菜集出荷場 みつば 選荷全般
日田梨選果場
(平成30年度認証予定)
選果・選別・調整・出荷
江無田選果場 南部事業部 いちご 荷受・保管・出荷
県南柑橘選果場 柑橘(ポンカン)
(不知火、かぼす)
選果・選別・調整・出荷
荻野菜集出荷場
(平成30年度認証予定)
豊肥事業部 トマト 選果・選別・調整・出荷
野菜集出荷場 北部事業部 いちご 荷受・保管・出荷
院内集出荷場(円座) いちご 荷受・保管・出荷
呉崎集出荷施設 白ねぎ、七草、にんにく 荷受・保管・出荷

JGAP認証農場並びに認証農産物の推移

27年度 28年度 29年度 30年度(計画)
認証農場数 69 66 78 160
認証農場面積 26.7ha 27.3ha 98.7ha 150.0ha
認証農産物
販売量
858.9t 863.9t 2,022.0t 3,000t
認証農産物
販売高
680百万円 713百万円 2,500百万円 3,600百万円
品目 いちご
みつば
柑 橘
(ポンカン/不知火)
いちご
みつば
柑 橘
(ポンカン/不知火)
いちご
みつば
柑 橘
(ポンカン/不知火)
ねぎ
しそ(大葉)
七 草
いちご
みつば
柑 橘
(ポンカン/不知火)
ねぎ
しそ(大葉)
七 草
日本梨
トマト
にんにく
柑 橘(かぼす)

JAおおいたの営農指導員数並びにJGAP指導員数

27年度 28年度 29年度 30年度(計画)
営農指導員数 127人 136人 143人 148人
JGAP指導員数
(うちJGAP内部監査員数)
40人
(8人)
50人
(8人)
65人
(19人)
90人
(25人)
取ってよかったGAP認証‼️JAおおいたGAP研究会(大分県)

販路拡大を目指し、66人の生産者が集まって、
3品目(かんきつ、みつば、いちご)で団体認証を取得!

特色

・導入時には文書等を使用せず目的や必要性を説明し、合意形成&実戦段階でわかりやすいマニュアルを使用し、生産者の負担軽減
・団体認証によって、一人当たりの取得費用が低減

効果・販路拡大につながり、集積が向上し農作業事故が減少
Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。