JAおおいた

ハッジパッジTV放送中!
ハッジパッジTV放送中!

JA おおいたSDGs取組宣言


【 宣 言 】

 わたしたちJAおおいたは、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に賛同し、その達成に向けて、事業・活動に取り組みます。
 JAおおいたは「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」として、組合員の皆さまの声に応えながら、不断の自己改革への取り組みを通じて、持続可能な地域農業・地域社会づくりに取り組んできました。
 今後はさらに、わたしたちの事業や活動が与える多面的な影響にも配慮しながら、地球的視野に立ち、地域社会を構成する一員として、組織・事業・経営の革新をはかり、社会的役割を誠実に果たします。
 JAおおいたは、各々の置かれた環境を踏まえて、SDGsの達成に向けて、事業・活動に取り組んでいきます。

「SDGs」とは…

 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
 貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることをめざし、平成27年(2015年)9月に国連サミットで採択されました。
 SDGsは、貧困や飢餓の撲滅、持続可能な農業や経済成長、質の高い教育などの「17の目標」と「169のターゲット」で構成されており、その実現のために先進国、途上国、政府、企業など、すべての関係者による連携した行動が求められています。

協同組合とSDGs

 協同組合はこれまでも貧困や飢餓などの問題に取り組んできたことから、国連によるSDGsを達成するための重要な組織として位置づけられています。
 JAグループは第28回JA全国大会で、自らの事業・活動がSDGsの達成に貢献するものであることをふまえて、JAグループの取り組みと成果を広く発信すること決めました。
 JAも地域社会の課題解決に努めるとともに、SDGsの達成へ貢献していきます。

SDGs17の目標

 SDGsの17の目標のベースにある「誰一人取り残されない」という概念は、総合扶助の精神のもと設立された協同組合の理念と共通しています。
 JAグループでは、SDGs の経済・社会・環境の3側面にもとづく 17 の目標、169のターゲットの実践にあたっては、「食と農を基軸に地域に根ざした協同組合組織」である JA の特性をふまえ、3つの分野、6つの取り組みに整理し、その取り組みを通じて、JA グループはSDGs で目指す目標を達成していくことととしています。

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。