JAおおいた

営農よろず相談受付中

今のおいしいをチェック 旬情報

キウイフルーツ

鮮やかなエメラルドグリーンに輝くキウイフルーツ。みずみずしい果肉は、爽やかで甘酸っぱい味わいです。

たわわに実ったキウイフルーツ(10月ごろ)

冬場は剪定と土づくりを念入りに

 高品質のキウイフルーツを作るには、冬場は特に剪定作業と土づくりが大切です。12月下旬~2月の剪定では、太陽の光が当たるよう枝の方向を考え、丈夫な枝を残したまま、枝が重ならないように切ります。土づくりでは、剪定後の枝などを利用した炭や有機物の堆肥を使用。炭を入れることで、土が軟らかくなり、根の活性化につながります。
 春の5月末~6月上旬には、生産者が白い雌の花に、雄の花粉を付ける人工授粉を行います。夏場は、かん水や整枝、摘果作業に努め、10月末から収穫を開始。収穫後、JAの施設で低温貯蔵し、11月下旬から出荷が始まり、3月末まで行う予定です。

国東産キウイフルーツ

くにさきキウイ部会

 JAおおいた管内では、国東・山香・杵築・臼杵・野津・竹田・日田事業部などでキウイフルーツを栽培。大分県内で最大の出荷量を誇るくにさき地域本部では、昭和50年代のミカンの価格低下の影響によって、代替作物として栽培をスタート。現在、くにさきキウイ部会では91人が品種「ヘイワード」を約17ha生産。価格も安定的で、市場からの高評価を得ています。

一口メモ

○キウイフルーツの食べごろは?
・実を軽くさわると、耳たぶくらいの
 軟らかさが甘く熟したサイン。

○キウイフルーツの食べごろは?
・乾燥を防ぐため、密閉はせずにポリ
 袋に入れて、常温で保存。
・硬い果実は、ポリ袋の中にリンゴか
 バナナを一緒に入れると、早く追熟
 できます。
・軟らかい果実は、冷蔵庫で2~3時
 間冷やすとおいしく食べることがで
 きます。

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。