JAおおいた

営農よろず相談受付中

今のおいしいをチェック 旬情報

柚子

お菓子に、料理に、お風呂に! ゆずれない癒しの果実

日田柚子部会

日田柚子部会は現在86戸が在籍しており、大分をはじめ、主に福岡県へ出荷しています。
青柚子は9月、黄柚子は11月~12月が旬で、青柚子はゆずごしょうの加工品として、黄柚子はジュースの加工品としても使われています。
現在、担い手の高齢化や後継者不足、度重なる自然災害や、異常気象により厳しい状況ではありますが、部会では「剪定講習会」を行い、生産者個々のトレーサビリティシステムに基づいて「栽培管理日誌」の記帳や「残留農薬検査」を徹底し、品質の安全に努めています。また、青果用・加工用ともに販路の拡大を進めており、昨年度取り組んだ「貯蔵柚子」もより力を入れていく予定です。

柚子の効果

柚子の効果は皮・果肉・種の3つによって異なり、果肉にはクエン酸やリンゴ酸といった酸味の成分、皮にはビタミンC、種にはペクチン質と呼ばれる成分が含まれます。
種の表面のぬるぬるの正体はペクチン質で、血糖値上昇やコレステロール値のコントロールをしてくれると言われています。保湿成分もあるため、化粧水として手作りして使用する人も多いそうです。

柚子湯

柚子には温熱作用があり、輪切りにした柚子を湯舟に入れると皮の精油分が溶け出して、身体を芯から温めてくれます。お風呂上がりに湯冷めをしにくくなるのも柚子湯のよいところです。

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。