JAおおいた

営農よろず相談受付中

今のおいしいをチェック 旬情報

ピオーネ🍇

大粒にギュッと詰まった たっぷり甘いジューシーなおいしさ

ツルッと皮がむけ、種もなく食べやすいのも人気の理由

 黒く大粒なブドウのピオーネ。約400~500gに仕上げられた、ずっしりとした房の一粒一粒に、とても甘い果汁がたっぷり詰まっています。種がなく、つるんと皮がむけて食べやすいため、幅広い年齢層に人気です。
 当JA管内では、主に国東、竹田、日田、安心院事業部で栽培されています。

丁寧に管理される栽培ほ場(6月中旬)

丁寧で細やかな管理が立派なピオーネを作り上げる

 おいしいピオーネを育てるために、生産者は細かな作業を行います。枝の摘心や花穂の整形、房の大きさ、形を揃える摘粒などです。どの作業も黒くつややかな仕上がりを想像しながら、小まめに行われます。
 安心院事業部管内では、ハウス栽培(加温・無加温)や屋根のように一部を被覆するトンネル栽培が行われています。生育のペースがそれぞれ異なるため、7月初旬から9月中旬と、長期間の出荷が可能です。

一口メモ

○おいしいピオーネ(ブドウ)の選び方
 皮に白っぽい粉がまんべんなくついているのが、新鮮でおいしい証拠。鮮度を保つ役割もあります。果粒に張りのあるものを選びましょう。

○保存方法
 ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。日持ちしないので、なるべく早く食べましょう。

○甘いのは房の上の実?下の実?
 答えは「上」。つるに近い上の部分が、より甘いといわれます。

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。