JAおおいた

営農よろず相談受付中

今のおいしいをチェック 旬情報

アルストロメリア

名前も見た目も美しい!色とりどりの蝶のような花弁が愛らしい花

花き部会久住支部アルストロメリア部会

花き部会久住支部アルストロメリア部会は現在14戸が在籍しており、主な出荷先は九州内で、一部関西および関東へも出荷しています。
大分県の南西部に位置し、周辺を九州山地の山々に囲まれた盆地で700mの高さである準高冷地という立地で、夏期の冷涼な気象条件を活かして栽培しています。
旬は10月から5月で、栽培主要品種は、ピンクパフェ、シルバン、セナ等約70品種です。
現在生産者の平均年齢は51歳と若く、30代の経営者らが地域の中核的担い手として活躍しています。

アルストロメリア

アルストロメリアは品種が多い花で、約100種類といわれています。
可愛らしいパステルカラーからシックなカラーまで色の種類も豊富です。
バブル時代に華やかな見た目から人気が出始め、今でも花束やフラワーアレジメントに多く利用され、愛されている花です。
花もちがよく、定期的に水を変えると5日~10日ほど咲き続けるため「持続」という花言葉が付けられたそうです!

家庭栽培に適している 品種をピックアップ!

●インディアンサマー
オレンジ色に黄色がマッチし、神秘的な見た目から人気のある種類です。
耐暑性があるため温暖な土地でも栽培がしやすい品種になっており、家庭栽培にぴったりです!
開花時期は春と秋なので、年に2回楽しめます。

●プルケラ
アルストロメリアの原種で、赤と緑が混ざった花びらをしており、ユリのような筒状の花形が特徴です。
強健で環境が合っていればほったらかしていても育つため、人気の品種のひとつです。

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。