JAおおいた

営農よろず相談受付中

お知らせ・イベント

新着情報

バケツでお米作り奮闘144日

  • 南部
  • 2020.10.27

 10月15日に、佐伯市鶴見の松浦小学校5年生15名は、米の収穫を終え、脱穀と籾摺り作業を行いました。
 「米づくりの盛んな地域」という同校の授業の中で、児童自ら農業体験しようと始まったこの取り組みは、JAグループの「バケツ稲づくり」に応募し、栽培キットや観察資材を利用して今年の5月25日に種まきをし、ようやくこの日を迎えたものです。
 児童たちは、牛乳パックを使った脱穀作業や、脱穀したお米を、すり鉢に入れゆっくりともみ殻を取る作業を行い、初め、作業に戸惑いがありましたが、ワイワイと楽しそうに作業を終えました。
 精米されたお米は各自、家庭に持ち帰り食卓に並びます。

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。