JAおおいた

営農よろず相談受付中

お知らせ・イベント

新着情報

ひみこで健康教室

  • 北部
  • 2020.02.27

 2月13日、北部事業部事業課は、宇佐市長洲のプリエールひみこ宇佐に大分県厚生連健康管理センターの古代晃子健康運動指導士を招き健康寿命を延ばすための3つの運動ポイントを地域住民ら約60人に指導をしました。
 古代晃子健康運動指導士は①息切れ一歩手前のテンポで一日8000歩②座位時間を減らすために30分に一度は立ち上がる③筋肉量を減らさないために“ながら筋トレ「ドローイン」など紹介しました。
 参加者らは、息切れ一歩手前のテンポを体感するために、その場かけ足と言われる「スロージョギング🄬」を学習し、1秒間に3歩のテンポでその場かけ足を1分間した後、30秒間ゆっくり歩く1セットを全員で実践しました。
 参加者からは「スロージョギングは室内でも充分に効果的な運動ができると感じた。おなか周りの腹横筋を鍛えるドローインとあわせて行い健康寿命を延ばしていきたい」と話しました。

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。