JAおおいた

  • ホーム
  • お知らせ・イベント
  • 新着情報
  • 杵築ハウスミカンシーズン到来 杵築市長へ報告

お知らせ・イベント

新着情報

杵築ハウスミカンシーズン到来 杵築市長へ報告

  • 東部
  • 2021.06.30

 杵築管内のハウスミカンが旬入りを迎え、6月25日にJAおおいた柑橘研究会ハウスみかん部会の生産者代表らが、杵築市の永松悟市長を訪問し、シーズン到来を報告しました。
 杵築市の永松悟市長は「ハウスみかんは杵築の№1品目であり、研究会の方々にはファーマーズスクールなど、後継者の育成にも尽力いただいている。本日贈呈して頂いたR-13(糖度13度以上のハウスミカン)については、どの産地にも負けないトップクラスのブランド品であり、ふるさと納税返礼品としても頑張って頂いている」と述べました。
 今年度のハウスミカンは53名が栽培しており、出荷量は730tの出荷を見込んでいます。小玉中心で玉揃いも良く品質、味ともに過去最高の品質に仕上がっており、販売単価も1キロあたり1,000円程度と順調に推移しています。
 今後は、7月のギフト対応により販売単価の底上げと、ハウスミカンPRを行なう事で、目標の達成を目指します。

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。