JAおおいた

営農よろず相談受付中

今のおいしいをチェック 旬情報

大分あまねぎ

軟白部分から葉まで甘い 冬にぴったりの大分あまねぎ

 軟白部分から葉まで余すところなくおいしく食べられる大分あまねぎ。JAおお いた管内ほぼ全域で栽培されています。品種「下仁田ネギ」と「湘南」を掛け合わせ、県内で栽培しやすく品種改良し、平成22年から本格的に栽培が始まりました。   平成29年からは「大分あまねぎ『あまねちゃん』」の愛称で市場へ出荷されています。

細やかな基準で高品質なあまねぎを出荷

 中西部事業部あまねぎ生産部会は現在32戸の生産者が335aのほ場であまねぎを栽培。出荷は11月から2月末まで、関東地域をメインに関西、九州方面へ出荷します。
  平成29年産は9月、10月の台風の影響で市場出荷は減少傾向ですが、品質は例年通りの仕上がりとなっています。
 JA管内では、秀品の長さは54㎝、軟白部分を23㎝以上、葉数は3枚など、品質から箱詰めまで細かく基準を定め、質の高いあまねぎの出荷に努めています。

マグロのすき焼き 《1食当たり約328kcal 》

■ 材料(3人分)
・マグロ…… 約150g(1さく)
・シュンギク……………1 束
・ネギ……………………2 本
・シイタケ………………3 枚
・マイタケ …………… 100g
・レンコン………………60g
・焼き豆腐………………1 丁
・白たき…………………1 袋
・すき焼きのたれ………適量
・ごま油…………………少々
・卵………………………3 個
■ 作り方
① マグロのさくは厚さ5mm 程度の斜め薄切りにする。
② シュンギクは根元の堅い部分を切る。ネギは斜め切り。 シイタケは石突きを取り、十文字の切り込みを入れる。 マイタケは食べやすい大きさに手で分ける。
③レンコンは薄切りにし、水にさらしてあくを抜く。焼き豆 腐は10 等分に切る。白たきは熱湯でさっとゆで、食べ やすい長さに切る。
④ 熱したすき焼き鍋にごま油を薄く敷き、マグロとシュン ギク以外の材料を並べてすき焼きのたれを加える。
⑤ 全体に火が通ったらマグロとシュンギクを加え、あまり 煮過ぎないうちに卵を付けていただく。
《ポイント》
マグロの赤身と季節の野菜で作る、おいしくてリーズナブルなすき焼きです。旬のレンコン・ネギ・きのこ・シュンギクなどをたっぷり入れましょう。マグロはサッと火を通せば完成。熱々を卵にくぐらせていただきましょう。
※JA 広報通信より転載

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。