JAおおいた

営農よろず相談受付中

今のおいしいをチェック 旬情報

スイートピー

卒業、入学シーズンが需要期 花言葉は「門出」

多彩な花色とほのかな香り

色が豊富でほのかな香りが楽しめるスイートピー。花の形が今にも飛び立ちそうな蝶に見えることから、花言葉「門出」が生まれました。
 代表的な色はピンク、ラベンダー、白色、また染色によってさまざまな色があります。管内では佐伯、豊後大野、豊後高田事業部で栽培されています。

ハウス内できれいに整列するスイートピー

ハウス内の温度を調整し、品質を保つ

スイートピーは栽培期間が長く、採花本数が多いのが特徴。
 栽培には寒暖の差があり、日照量が多く水はけの良い場所が適しています。
 定植時期の9月は気温が高いので、灌水をして植え床の地温を下げ、着つぼみを始める11月下旬からは日中15~17度、夜間は5~7度に保温するなど、しっかりとした管理を行います。
 今年は、冬場に少し冷え込みながらも日照量があり、スイートピーにとって良い天候。採花本数も多く、品質の良いスイートピーに仕上がりました。

一口メモ

スイートピーの原産は、地中海沿岸に位置するシシリー島(シチリア島)。
 日照時間や温度の開花生理によって、冬咲き系・春咲き系・夏咲き系があります。
 温度調節のほか、水や肥料の与え方で生育や採花本数が変わるため、茎や葉の状態に合わせて調整し、整枝と蔓下げを最後まで行うなど、こまめな管理を行います。

Copyright 2019 JAOITA.各ページに掲載されている写真等に関して
無断掲載、複写、転写を禁じます。